Office 365
SharePoint Online サイト 22 ~連絡先・注目リンク~
1 09
SharePoint Online サイト 22 ~連絡先・注目リンク~

みなさん、こんにちは。第54回目の投稿です。
新年早々、エンジン全開でがんばる!予定だったのですが、風邪をひいてしましました。。
早く治して元気になりたいです♪風邪にはどんな食べ物が効くのかな??
なにかいい食材や料理を知っている方がいたら、教えてくださいね♪ https://www.facebook.com/office365blog

 では、本日の投稿に入りましょう。

本日は、SharePoint Onlineサイトの「リストテンプレート」シリーズ第2弾ですね「連絡先」と「注目リンク」についてお伝えします♪

 4.png

 

ずは、「連絡先」から♪

20150108_2.png 

連絡先はその名の通り、ユーザーの連絡先を登録するリストテンプレートのことです。
連絡先で登録したアイテムをOutlookと同期することができますよ♪(Outlookとの同期については、後ほどでお伝えしますね♪)

 

実際にどんな画面なのか、具体的に見ていきましょう。20150108_3.png

上記がリストテンプレート「連絡先」のトップページです。
ピンク色…アイテムの新規作成・編集ができます。
オレンジ色…ビュー(既定ビューは「すべての連絡先」)の変更ができます。
水色…アイテムが表示されます。

 

ピンク色で囲った「新しいアイテム」の作成画面は以下の通りです。20150108_4.png

けっこう項目がありますね!

 

オレンジ色で囲った「ビュー」ですが、リストテンプレートの連絡先も「すべての連絡先」一つしかしません。
新しいビューを追加したい、既存のビュー(「すべての連絡先のこと」ですね♪)を編集したいなどありましたら、「…」から編集してくださいね♪

 

水色で囲った「アイテム」には、作成したアイテムが表示されます。
表示されるアイテムの項目は以下の通りです。
・添付ファイル
・姓
・名
・勤務先名
・電話番号(勤務先)
・電話番号(自宅)
・電子メールアドレス

 

「姓」をクリックすると、アイテムの詳細画面が表示されますよ♪20150108_5.png

 

少し余談ですが、ビュー「すべての連絡先」の『添付ファイル』とは何のことか気になったので、調べてみました。
以下のアイテム作成画面・編集画面のリボンナビゲーションにある、『ファイルの添付』のことです。20150108_6.png

ファイルを添付すると、アイテムの表示画面に、ファイルの添付マーク(クリップ)が表示されますね♪20150108_7.png

 

 

ここでPOINT!①
リストテンプレート「連絡先」で作成したアイテムは、Outlookと同期できるんです♪
3つのブラウザ(IE、Firefox、Chrome)で試しましたが、すべて同期できましたよ。

以下はその手順です。(IE)
1.まずは「新しいアイテム」をクリックし、連絡先(アイテム)を作成します。
2.リストのリボンナビゲーション『Outlookに接続』をクリックします。20150108_8.png

3.以下の画面が出てくるので「許可」をクリックします。

20150108_9.png 

4.以下の画面が出てくるので「許可する」をクリックします。
20150108_10.png

5.Outlookに以下の画面が出てくるので「はい」をクリックします。

20150108_11.png 

6.すると!リストテンプレート「連絡先」で登録したアイテムが、Outlookに同期されます。以下は、Outlook「連絡先」の画面ですよ。20150108_12.png

なかなか便利ですね♪
プロジェクトで使用するチームサイトを作成した際に、チームサイトにリストテンプレート「連絡先」を追加。プロジェクトメンバーの「連絡先」を、アイテムとして登録し、個人個人でOutlookに同期すれば、連絡先の共有もらくらく簡単にできますね。

 

気になったので、同期後、リストテンプレート「連絡先」のアイテムを新規作成・修正したら、Outlookに自動反映されるのか、試してみました。
結果は…自動反映されました!新卒管理者さんを追加してみましたよ♪
以下は、Outlook「連絡先」の画面です。20150108_13.png

 

同期後、Outlook「連絡先」のアイテムを新規作成・修正したら、リストテンプレート「連絡先」に自動反映されるのか、も試してみました。
結果は…自動反映されました!山田さんを追加、新卒さんをOffice365新卒さんに修正してみましたよ♪
以下は、リストテンプレート「連絡先」の画面です。20150108_14.png

 

 

 

次は、「注目リンク」についてお伝えします♪

20150108_15.png 

注目リンクの概要は以下の通りです。
注目リンクは、注目してほしいリンクをタイル(いま流行りですね!!)形式で表示することができるリストテンプレートのことです。

 

注目リンクは、他のリストテンプレートと少し勝手が違うようなので、注目リンク(アプリ)追加後の画面を、順番に見ていきましょう。
1.アプリ追加後は以下の画面が出てきます。ビューが「タイル」の状態です。20150108_16.png

「リストは空」と表示されるのは、まだリンク(アイテム)を一つも作成していなからということです。

2.青色の「すべての注目リンク」をクリックします。

3.ビューが切り替わり「すべての注目リンク」のビューが表示されます。以下の画面です。20150108_17.png

4. 「新しいアイテム」をクリックし、アイテムを作成します。

5.アイテムの作成画面は以下の通りです。

20150108_18.png 

・タイトル…アイテムのタイトルを入力します。
・背景イメージの場所…タイルとして表示する際に、背景として表示するイメージを入力します。
・説明…アイテムの説明を入力します。
・リンクの部所…リンク先を入力します。
・動作の開始…リンク先のページの表示設定ができます。
 次の3つから選択できますよ♪【ページ内で移動/ダイアログ/新しいタブ】(試してみたのですが、ダイアログだとリンク先が表示されませんでした。。)
・順序…タイルでの表示順を入力します。

こでPOINT!その①
背景イメージの場所なんですが、パソコンのローカルフォルダーに保存しているイメージ(画像)を、アップロードしたいってことがあるかと思います。
その場合は、画像ライブラリ(ライブラリテンプレートの一つです。)を使うと便利ですよ♪
画像ライブラリについては、2014年11月で記事を投稿しているのでそちらでご確認くださいね。
・「SharePoint Onlineサイト⑫ ~画像ライブラリ~」http://bit.ly/1xf1xog
・「SharePoint Onlineサイト⑬ ~画像ライブラリのスライドショー~」http://bit.ly/1AcFgbV

 

6.アイテム作成後の画面です。(ビューは「すべての注目リンク」ですよ。)20150108_19.pngアイテムを3つ作成してみました♪下準備はこれでOKです。

7.ビューを「タイル」に切り替えます。(いよいよですね♪)20150108_19.jpg

8.以下はビュー「タイル」の画面です。これで注目リンクの手順は一通りクリアです。20150108_20.png

 

ここでPOINT!その②
ビュー「タイル」の画面構成の説明は、以下の通りです。20150108_21.png

ピンク色…リストのリボンナビゲーション「現在のビュー」からビューの切り替えができます。
オレンジ色…アイテムの作成画面で入力した「背景イメージ」です。
水色…アイテムの作成画面で入力した「タイトル」です。

ビュー「タイル」にしてしまうと、ビューを変更できるところがリボンナビゲーションだけになってしまいます。お気を付け下さいね♪

 

 

 

リストテンプレートの「注目リンク」なかなか面白いですね♪
リンクをタイル形式で表示するのはオシャレだし、背景画像を設定することで視覚的にどんなリンク先なのか分かりやすいです。

「注目リンク」は、プロジェクトで参考とするリンク先を共有する際など、有効活用できそうですね♪

 


本日の投稿はここまで。リストテンプレートのお話しはあと7個!

 

ではまた次回♪次回に備えて勉強します。 

 

 

Microsoft® Most Valuable Professional
2016.01 Office Servers and Services