Office 365
SharePoint Online サイト ⑧ ~コンテンツ領域(ライブラリ・リスト・Webパーツ)~
10 29
SharePoint Online サイト ⑧ ~コンテンツ領域(ライブラリ・リスト・Webパーツ)~

みなさん、こんにちは。第37回目の投稿です。
先週末はどう過ごされましたか?
私は「技術ひろば」の勉強会に参加してきましたよ♪『Office365のナビゲーション』についてセッションをしました。
緊張したけど、がんばってやり通せたかなと思います!これからはみなさんの役に立つお話しをできるように、技術や知識を身につけていきたいです♪

 

では、本日の投稿に入りましょう。
本日から、こちらの茶色の部分!「SharePoint Online サイトのコンテンツ領域」についてお伝えしていきます。
20141028_1.png

 

まずは!コンテンツ領域の全体像を見ていきましょう。
イメージとしてはこんな感じです。(次回以降の投稿から、ライブラリやリストなどについて細かくお伝えしていきますね♪)20141028_2.png

コンテンツ領域は大きく分けて、以下の3つから構成されています。
・ライブラリ
・リスト
・Webパーツ

 

 

まず最初に、ライブラリ」は、簡単に言うと「ファイルの保管場所」のことですよ♪
ライブラリには標準で用意されている複数のテンプレートがあります。
・ドキュメントライブラリ
・フォームライブラリ
・Wiki ページライブラリ
・画像ライブラリ
・データ接続ライブラリ
・レポートライブラリ
・メディアライブラリ

上記のテンプレートからお好きな種類を選んで、ライブラリを活用するということです。1つのサイトに複数作成することもできます。

 

実際にみなさんが使われているなかで、ライブラリはどこにあるのでしょうか。
サイドリンクバーに「ドキュメント」と表示されていますが、これがドキュメントライブラリーなんです。
イメージが付きましたでしょうか。
ドキュメントは、みなさんがよく使う場所かもしれませんね。20141028_3.png

 

 

では次に「リスト」についてです。
リストを例えて言うならば、表(テーブル、簡易データベース)かなと思います。定義した列にデータを入力・保存することができますよ♪

リストもライブラリと同様にテンプレートがあります。
・リンク
・お知らせ
・連絡先
・注目リンク
・案件管理
・カスタムリスト
・データシートビュー形式のカスタムリスト
・外部リスト

・アンケート
・スプレッドシートのインポート
・予定表
・ディスカッション掲示板
・タスク

リストも、ライブラリと同様に1つのサイトに複数作成することが可能です。
上記のテンプレートの中で、一番イメージしやすかったり、聞いたことある!と思うものは、「予定表」「タスク」「ディスカッション掲示板」あたりかなと思います。以前の記事で「カスタムリスト」についえてお伝えしたことはありますね。(http://bit.ly/1sxI2zr

 

リストのイメージはこんな感じです。(下記は予定表の入力画面です。)20141028_4.png

"表に一行ずつデータを入力していくよう"に、リストにデータを追加できますよ♪

上記の予定表にように、表ではなくてカレンダーのように見せることもできます。リストの管理を行うには、デザイン権限以上が必要です。
ちなみに!リストの一行に入力したデータをアイテムと言います。

 

 

最後は、「Webパーツ」についてです。
Webパーツは、ページに配置する部品のことです。
例えば!既定のサイトのトップページだと、「サイトでの作業の開始」「ニュースフィード」「ドキュメント」の3つがコンテンツ領域に表示されていますね。
これを一つのパーツ(部品)と呼びます。20141028_5.png
Webパーツの種類は約80種類あるそうですよ。(がんばって80種類を覚えます。。)

ちなみに!リストやライブラリもパーツとして、コンテンツ領域に貼り付けられます。
その場合、リストやライブラリを「アプリパーツ」と呼びます。上記の画像の緑色の部分!「ドキュメント」がコンテンツ領域にアプリパーツとして貼り付けられていますね♪

 

 

みなさん、Webパーツの概要は分かりましたか?
Webパーツって実際にはどの枠で囲まれているんだろう。。など、視覚で一度見てみないと、分からないですよね。

こちらはページの編集を行っている画面なんですが、ほら!コンテンツ(情報)がパーツ(部品)ごとになっていますよね♪20141028_6.png

ライブラリ、リスト、Webパーツでは表示制御ができるんですが、このことは次回以降の投稿でお伝えしていきますね♪

 

 

~ここからはおまけです♪~
ライブラリ、リスト、Webパーツはどこから挿入するのでしょう。

まず、ライブラリ、リストの挿入手順は…
① 右上の歯車から「アプリの追加」をクリックします。

20141028_7.png 

② すると、アプリ(ライブラリ、リスト)の一覧が出てきますよ。20141028_8.png

③ お好きなアプリを選択して「追加」をしてください。

 

Webパーツの手順は…
① ページの「編集」をクリックします。20141028_9.png

② リボン部分の「挿入」から、「アプリパーツ」「Webパーツ」のどちらかを選んでくださいね。20141028_10.png

Webパーツの詳しい説明は今後お伝えしていきますので、今は割愛しますね。

 

 

次回から数回にわたって「ライブラリ」について掘り下げていきたいと思いますので、よろしくお願いします♪

ではまた次回♪次回に備えて勉強します。

 

※ 2015年2月10日(火) リストテンプレートの種類と数について訂正いたしました。

 

 

 

Microsoft® Most Valuable Professional
2016.01 Office Servers and Services