Office 365
Web サイト
3 31
SharePoint Online サイト 37 ~ドキュメントライブラリの同期を無効にする~

みなさん、こんにちは。第75回目の投稿です。

本日を持って、新卒も終わりですね。明日からもまたがんばります♪

 

では、本日の投稿に入りましょう。本日は、小ネタです。

「SharePoint Online サイト 37 ~ドキュメントライブラリの同期を無効にする~」についてお伝えします。

 

 

 

そもそも!ドキュメントライブラリには・・・

同期ボタンがあるんです。以下の画面です。
20150331_1.png
同期ボタンをクリックすることで、ローカルにある「エクスプローラーフォルダ」に、

ドキュメントライブラリにアップロードされているドキュメントを同期(コピー)することができるんです。とても便利ですね。

しかし、同期ボタンはライブラリの管理者ではない一般ユーザーにもクリックできてしまうため、

① 勝手にドキュメントを同期されてしまったり、

② ローカルで編集されたドキュメントがドキュメントライブラリに自動同期されてしまう、どのトラブルが起こることも考えられます。

ドキュメントライブラリの使い方などについてはコチラの記事でご確認くださいね♪

 

ちなみに。

同期ボタンをクリックすると、以下の画面がでてきます。「今すぐ同期」をクリックすると、同期が始まります。
20150331_2.png

同期後のローカルのエクスプローラーファイル画面は以下の通りです。
20150331_3.png

 

 

②(ローカルで編集されたドキュメントがドキュメントライブラリに自動同期されてしまう)の画面は以下の通りです。

エクスプローラーファイルで名前を変更したら、ドキュメントライブラリにも自動で同期されました。
20150331_4.png


 

同期した後に、同期を中止したいなぁと思う場面があるかと思います。

その場合の手順は以下の通りです。

1. タスクバーにある「OneDrive for Business」を 右クリックし、「フォルダーの同期を停止」または「同期の一時停止」をクリックします。

2. フォルダーの同期を停止をクリックすると、以下の画面がでてきます。
20150331_5.png

3. 該当するドキュメントライブラリをクリックし、「同期の停止」ボタンをクリックします。

4. 以下の画面がでてきますので、「はい」ボタンをクリックします。
20150331_6.png

これで、同期を中止にすることができます。しかし、これは個人設定ですので、個人の同期にしか適用されませんよ。

詳しい手順にはついては以下をご覧ください。

Office365フォーラム「ドキュメントライブラリを同期しました。その解除方法を教えてください」
http://community.office365.com/ja-jp/f/329/p/199557/595956.aspx#595956

 


 

 


 

ここからは、本題の同期を無効にする方法について見ていきましょう。

手順は以下の通りです。

1. リボンナビゲーションにある「ライブラリの設定」をクリックします。

2. 設定画面に遷移しますので、全般設定から「詳細設定」をクリックします。
20150331_7.png

3. 下方向に画面をスクロールし、「オフラインクライアントの使用制限」の値を『いいえ』にします。
20150331_8.png

4. 最後に、画面一番下にある「OK」ボタンをクリックします。これで完了ですよ♪

 

同期を無効にした後の画面は以下の通りです。
20150331_9.png

同期ボタンがグレーアウトされていて、クリックできないようになっています。

これで、同期はできないようになりました。安心してドキュメントライブラリを使う(使ってもらう)ことができますね♪



 

 

 

 

 

 


最後に♪

ブログ開設から約10カ月がたちました。

最初はどうなることやらと思っていましたが、今ではいろいろな方にこのブログを読んでいただいていて、とても嬉しいです。

新卒は終わってしまいましたが、

2年目だからと言ってなにか急に変わる(本当はもう少し難易度を上げられたらいいですね。。)わけでもないので、

引き続き応援よろしくお願いします!

 

 

 

では、また次回♪次回に備えて勉強します。

 

 

Microsoft® Most Valuable Professional
2016.01 Office Servers and Services