Office 365
Web サイト
10 04
セラフのしぇあぽデザイナーにインタビュー ~デザイン~(前編)

みなさん、こんにちは。第170回目の投稿です。

もうすぐハロウィンですね☆ どんな仮装をしたらよいですかね~♪

 

 

では、本日の投稿に入りましょう。本日はいつもとは趣向を変えて・・・!!

「セラフのしぇあぽデザイナーにインタビュー ~デザイン~(前編)」についてお伝えします。

 

 

 

私が在籍している会社(株式会社セラフ)は、Web制作会社で、

SharePoint のポータルサイト構築も行っています。

私のお仕事としては、進行・ディレクションをしたり、設計をやったり、

トレーニングを行ったりしています。(もちろん社内の Office 365 管理も担当していますよ!)

 

そんな弊社ですが、SharePoint ポータルサイトの「デザイン」で、

お客様から素敵な評価をいただいています(*'ω'*)!

 


 

ということで、本日は弊社のデザイナーにインタビューをして、

しぇあぽ(SharePoint)のデザインについていろいろお話しを聞いてみました。


 


 


 

---------------------------------------------------------------

本日インタビューを行った方は・・・

Web デザインを行う部署の T さんです♪

20161004_1.jpg 

---------------------------------------------------------------

​ 


 

宇留野:SharePoint のポータルサイトをデザインするときに、お客様からどんなご要望をお伺いすることが多いですか?

T さん:標準の機能だけでポータルサイトを作ろうとすると、見た目がシンプルで年配の人には使いづらいなぁという印象があります。そのため「ページを見やすくしてほしい」というご要望が多いかなと思います。具体的には、パーツのタイトルを認識できるよう判りやすくして欲しいなどですかね。

宇留野:デザインでメリハリをつけるためにはどうするのですか?

T さん:解決策としては、CSS を当てたりします。

 

 

 

宇留野:どんな風にしぇあぽのデザインを作っているのですか?

T さん:まずは Photoshop でデザイン画像を作成します。そのあとに、HTMLを作成し、SharePoint に組み込みを行います。

 

 


 

 

宇留野:しぇあぽをデザインする上で、どんなことが難しいのですか?

T さん:「癖」を見極める事が難しいです。例えば、ここのパーツを消すとどうなるかなど、試行錯誤が必要です。

宇留野:試行錯誤ですね!大変そうです…。他にもありますか?

T さん:マスターページの種類によって、見た目が同じでもパーツの内容が変わってしまったり…ということもあります。また、ユーザーが操作することも考慮すると、全てのHTMLを表示している状態で画面の表示が崩れない CSS を作るのに苦労しました。

宇留野:私が使うだけでも「癖」がありますが、デザインにも「癖」があったのですね(笑)。

宇留野:独自で作成した CSS など、SharePoint の癖を理解した知識を生かして、今はデザインを作っているのですね。

 

 

 

宇留野:デザインが難しいのは判りましたが、それ以外でも難しいことがありますか?

T さん:システムだと開発する上で仕様やドキュメントが大切になるので、システム側のドキュメントも理解する必要がでてきます。

宇留野:そのシステム的な役割を弊社だと "私が在籍している部署" が補っているということですか?

T さん:その通りです。セラフは SharePoint 開発をしている部署があるので大丈夫ですが、一般的な Web 制作会社だと、SharePoint のことをシステム的に分かる人が少ないと思うから、デザインする上でもかなり大変だなと感じます。

宇留野:いい感じのハーモニーを醸し出しているわけですね♡

 

 

 

 

 

宇留野:しぇあぽのデザインはいつから行っているのですか? T さんの "しぇあぽデザインの歴史" について教えてください。

T さん:僕は SharePoint のデザインを 2007 の頃から行っています。2007 と 2010 のときはデザインを行うための仕組みが SharePoint になく、とても苦労しました。2013 になってようやく、Web デザイナーが持っている知識で SharePoint のデザインが行えるようになりました。

宇留野:2013 だと具体的にはどんな風になったのですか?

T さん:HTML を作成し、それを SharePoint に取り込んで、主要な SharePoint のパーツを配置するだけでマスターページができるようになりました。デザインマネージャーのことです。

宇留野:デザインマネージャーってなんですか?もう少しやさしく教えてください。

T さん:SharePoint の知識がないデザイナーでも、リッチなデザインを当てられる機能のことです。ただ、デザインマネージャーを使えばデザインは完璧にできる!というわけではないと感じています。実際の構築やお客様の業務に当てはめるには、SharePoint の概念や機能そのものを理解していないとだめだし、お客様のご要望を理解して SharePoint に適用できるかをきちんと加味して、デザインを行わないといけません。

 

 

宇留野:2016 のチームサイトではデザインは推奨されないようですが、その辺りはどう思っていますか?

T さん:ポイントは見極めかもしれません。リッチなデザインばかりを推奨するのではなく、SharePoint の特性を意識しながらデザインを当てることが大切だと感じています。そのことを踏まえた上で、今後もデザインを行っていきたいと考えています。

宇留野:私も 2016 につい勉強しないといけないですね(。´・ω・)!

 

 

 

 

・・・・・・・・続きは次回に続きます!!

 

 

 

 

 

みなさん、楽しんでいただけましたか?次回も楽しみにしていてください(*'ω'*)!

 

では、また次回♪次回に備えて勉強します。

 

 

 

 

Microsoft® Most Valuable Professional
2016.01 Office Servers and Services