Office 365
Sway② ~Swayの共有や設定~
7 15
Sway② ~Swayの共有や設定~

みなさん、こんにちは。第94回目の投稿です。

暑いですね!早く海に行きたいです。水着を着れるまでダイエットしないといけないですね。。

 

では、本日の投稿に入りましょう。

本日は「Sway② ~Swayの共有や設定~」についてお伝えします。


Swayの概要については、前回の記事をご覧ください。

 

本日は以下の流れでお伝えしますね。

1. 作ったSwayは誰が見れるのか?

2. どんな編集・設定ができるのか?

 

 

 

1. 作ったSwayは誰が見れるのか?

Sway作成画面のナビゲーション右横に「共有」というボタンがあります。

共有をクリックすると、共有先を選択できますよ。

20150715_1.png 


共有先は(2015年7月時点で)4つあります。

・公開

・このリンクを知っている人

・自分の所属組織

・自分のみ

 

マイクロソフト Office Blog(日本)で、Swayの共有について解説している記事を見つけました。
http://blogs.technet.com/b/microsoft_office_/archive/2015/03/30/sway-now-lets-add-onenote-images-use-types-web-embeds-share-new-ways.aspx

 

 

「公開」の説明は以下の通りです。

マーケティング用のパンフレットやポートフォリオを作成したり、単に自己表現の目的で使用したりして、より多くのユーザーに公開したい場合は、このオプションを使用して、作成した Sway をインターネット上で検索可能にします。この場合、Bing Google などの検索エンジンを使用して、だれでもその Sway を検索、閲覧、共有する可能性があります。日々検索を行う他のユーザーに、自分が作成した Sway を目にしてもらう機会を大幅に増やすことができます

 

簡単に言うと、Office365を持っていない人(テナント外の人)にも、Swayを公開できるということです。

普通のWebサイトや画像のように、検索エンジンで引っ掛かったら、見ることできますよ。

 

 

「このリンクを知っている人」の説明は以下の通りです。

従来の Sway の動作と同様に、作成した Sway は検索エンジンには公開されませんが、その Sway の固有の URL を知っているユーザーはログインせずに閲覧することができます。これは、新規作成するすべての Sway および以前に作成した Sway の既定の設定です。

 

こちらも「公開」と同じく、Office365を持っていない人(テナント外の人)にも、Swayを公開できます。

ただ、検索エンジンには公開されないので、作成したSwayを見るためには、URL(リンク)を知っていないといけないです。

 

 


「自分の所属組織」は、Office Blog(日本)で解説されていなかったので、新しく追加された共有先ということだと思います。

社内で試してみたのですが、サインインをすると、作成したSwayを見ることができます。

ちなみに、サインインは、Office365ではなく、Swayにサインインですよ。

 

 

「自分のみ」の説明は以下の通りです。

Sway を共有しない場合は、このオプションを選択することで、自分の個人用資格情報を使用してログインした場合にのみ、作成した Sway を閲覧できるようになります。他のユーザーが URL を知っていても、自分のログイン情報を使用しなければ閲覧できません。

 

これは、自分だけしか見ることができないということですね。

 

 

 

共有先をまとめると、以下になります。

Swayをテナント外の人にも公開したい場合:
・公開
・このリンクを知っている人

 

同じ組織(祖機内のOffice365ユーザー)にだけ公開したい場合
・自分の所属組織

 

公開したくない場合:
・自分のみ

 

 

共有先を使い分けて、Swayを利用すれば、上手く活用できそうですね♪

 

 

 

*補足①

Swayは編集リンクを共有することもできます。

20150715_2.png 

20150715_3.png 

 

 

 

*補足②

SNSでSwayを共有したい場合は、作成したSwayのプレビュー画面から、リンク(URL)を取得する or 埋め込みコードを取得します。

20150715_4.png 


しかし、先ほどの「共有先」で、公開/このリンクを知っている人を選択し場合のみ、有効かと思います。

SNSとの連携も考慮して、共有先を選択されると、尚良いのではないでしょうか。

 

 

 

 

 

 

 

 

2. どんな設定ができるのか?

ここからは、Swayの編集・設定についてお伝えしますね。

20150715_5.png 


Sway作成画面のナビゲーション右横に「・・・」というボタンがあります。

・自分のSway…自分が作成したSwayを一覧で見ることができます

・新規作成…Swayの新規作成画面を開きます。

・このSwayを複製…作成したSwayを複製することができます

・フィードバック…マイクロソフト宛に製品のフィードバックができます

・サインアウト…Swayからサインアウトすることができます(Office365もサインアウトしてしまいますので、ご注意ください!)

 

 

 

 

 

 

最後に、追記です。

◆いいね・コメントはできるのか?

社内から疑問があったのですが、作成したSwayにいいね・コメントしてもらうことはできないですね。

 

◆SNSでの共有

記事を書いている間に、ナビゲーションの「共有」が変わりました。

20150715_6.png 

FacebookとTwitterでの共有が、ダイレクトでできるようになりました。

 

 

 

本日の記事は2015年7月14日時点の画面ですので、

一般テナントにもSwayがロールアウトされ、みなさんがSwayを使われる頃には、もっと機能が増えているかもしれないです。

 

 

 

本日はSwayの共有先を中心に、疑問に思ったことも踏まえて、お伝えしました。

次回は「Swayを上手に使う方法」みたいなものをお伝えできればいいなと思っています。

 

 

では、また次回♪次回に備えて勉強します。

 

■本日の教材
・マイクロソフト Office Blog(日本)「Sway で OneNote の画像の追加、Web 埋め込みへの多様なコンテンツの使用、新しい方法での共有などが可能に」
http://blogs.technet.com/b/microsoft_office_/archive/2015/03/30/sway-now-lets-add-onenote-images-use-types-web-embeds-share-new-ways.aspx

 

 

 

 

 

Microsoft® Most Valuable Professional
2016.01 Office Servers and Services