Office 365
Sway ① ~Swayとは何か?~
7 10
Sway ① ~Swayとは何か?~

みなさん、こんにちは。第93回目の投稿です。

まだ梅雨明けしないですね。早く夏がきてほしいです♪

 

では、本日の投稿に入りましょう。

本日は「Sway ① ~Swayとは何か?~」についてお伝えします。

 

 

みなさんは、Swayを活用していますか?私はまだ使ったことがなく、未知の世界です。

 
アプリランチャーから「Sway」をクリックすると、以下の画面がでてきます。

20150710_1.png 

20150710_2.png 

 

このような画面なのですね!

 

 

Swayについて紹介しているYouTubeを見つけましたよ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

◆Swayとは何か?

Swayの概要について、Japan Office Official Blog「一般法人および教育機関向け Office 365 に Sway をリリース、サポート言語も拡大」にこう書かれてあります。

「洗練された本格的なデザインのインタラクティブ コンテンツを簡単に作成、共有できる」ことを目標として、

プロフェッショナルや教職員、学生にとって非常に魅力的なツールとなるように設計されています。

 

コンテンツ(=イメージはWebページ)をキレイに作成できる便利なツールということのようですね。

インタラクティブとあるので、閲覧者側からコメント/いいねのようなことができるのでしょうかね?これについては次回までに調べてみますね。

 

 

 

◆Office365ユーザーなら、誰でも使えるのか?

① 先行リリース

Swayは、先行リリースがONになっているテナントにしか現在は登場していません。

先行リリースの開始は、2015年5月末からのようです。先行リリースをONにしていない一般テナントの皆さまは楽しみに待っていてくださいね。

 

② プラン

Swayを使えるOffice365プランは以下の通りです。

•Office 365 E4/Office 365 E3/Office 365 E1

•Office 365 ProPlus

•Office 365 Business/Office 365 Business Premium/Office 365 Business Essentials

•Office 365 OneDrive for Business

•Office 365 Small Business/Office 365 Small Business Premium/Office 365 Midsize Business

•Office 365 EDU E4/Office 365 EDU E3/Office 365 EDU E1/Office 365 EDU ProPlus

 

 

 

 

◆どうやって使うのか?

ここらが本題ですね。操作方法について一緒に見ていきましょう。

 

1. Swayを使うのには、「使ってみる!」をクリックし、メールアドレスを入力して、サインインします。

現時点ではOffice 365からシングルサインオンできるわけではないないですよ。

20150710_3.png 

 

 

 

2. サインイン後、もう一度「使ってみる!」をクリックします。Swayの作成画面は以下の通りです。

20150710_4.png 

 

作成画面の解説は以下の通りです。

20150710_5.png 

・ピンク色…ナビゲーション部分です。ぜんぶで7つクリックできます。(挿入/カード/デザイン/ナビゲーション/リミックス!/戻る/進む)

・青色…ピンク色部分で選択したものの詳細が表示されます。

・緑色…作成画面です。

・黄色…プレビュー/共有/編集(設定)ができます。

 

 

 

 

 

◆ナビゲーション「挿入」

20150710_6.png 


コンテンツを挿入することができます。

例えば、YouTubeを選択すると、YouTubeの動画がSway内で検索でき、そのまま挿入することができます。(すごいですよね!驚きを隠せないです。)

以下は、YouTubeで配信されている「第11回 Office365勉強会」を挿入した画面です。

20150710_7.png 

コンテンツで「YouTube」を選択し、キーワードに「Office365勉強会」と入力します。

すると、検索結果(YouTubeの動画)が一覧で表示されます。挿入は、ドラッグ&ドロップでできますよ。

 

 

 

 

◆ナビゲーション「カード」

20150710_8.png 

一番最初のナビゲーションは、「カード」がデフォルトで表示されています。

カードは、コンテンツを挿入するエリアみたいなことです。

レフトナビゲーションから「見出し」とか「画像」「ビデオ」をクリックすると、Swayの作成画面にカードみたいな枠が表示されます。

20150710_9.png 

一番最初にカードを配置する場所を決めてから、作業するのが良いのですかね。

そのため、一番最初のナビゲーションは、「カード」がデフォルトで表示されているということかもしれません。

 

 

 

 

 

◆ナビゲーション「デザイン」

20150710_10.png 


これはテンションあがりますね!デザイン(背景/色/文字)の体裁をカスタマイズすることができます。

既存デザインはぜんぶで24個あります。

どれか一つを選択してから、「ユーザー設定」をクリックすると、自分好みのデザインにカスタマイズをすることもできます。

20150710_11.png 

 可愛いですね!!

 

 

 

 

 

◆ナビゲーション「ナビゲーション」

20150710_12.png 

レイアウトを指定することができます。

現在(2015年7月)は、2つのレイアウトから選ぶことができます。

・上スクロール

・横スクロール

 

 

 

◆ナビゲーション「リミックス!」

リミックス!をクリックすると、カードと挿入したコンテンツを基準に、デザインやナビゲーション(レイアウト)が変わります。

カードと挿入したコンテンツに合ったデザインやナビゲーション(レイアウト)を提案してくれているんですかね?もしそうだったら嬉しいですね。

 

 

 

 

 

 

最後に、私が作成した記念すべき最初のSwayをご紹介しますね。

20150710_13.png 

 

これは、Swayが悪いんじゃないです。私のセンスがないだけです!

 

 

 

 

 

 

本日は、Swayの概要とざっくりとした使い方についてお伝えしました。

 

 


Swayは、The 新しい機能という感じで、とても面白いですね。

お仕事されている方だけでなく、学生さんも使う場面が想定できる機能ですので、Swayの今後について要注目です。

早く使いこなして、イケてる資料をたくさん作れるようになりたいです。

 

 

 


次回は、Swayの共有や設定についてお伝えしますね♪

Swayで作った記事が見られるのは誰でしょうか?記事を書いた人と同じテナントの人だけなのか、テナントの外の人でも見られるのでしょうか?などなど疑問がありますね。

 

 

では、また次回♪次回に備えて勉強します。

 

 

 

 

Microsoft® Most Valuable Professional
2016.01 Office Servers and Services