Office 365
Office365 グループ機能 ~Part 5~
1 27
Office365 グループ機能 ~Part 5~

みなさん、こんにちは。第59回目の投稿です。
私は日曜日にネイルに行ってきましたよ。バレンタインネイルをしました♪アポロチョコみたいです。

 

では、本日の投稿に入りましょう。本日で「Office365 グループ機能」は最終回ですね♪
Office365 グループ機能 ~Part5~」(グループ機能のまとめ・疑問点)についてお伝えします。

 

 

グループ機能のまとめは、以下の通りです♪
グループ機能とは、Office365の各機能をグループのメンバー同士で共有できる、新機能のことです。
グループを作成すると、(IDが割り当てられ)メールアドレスを取得することができます。
グループは、公開/非公開設定が可能で、グループ作成者以外でも管理者になることができますよ♪
グループの作成方法などについては「Office365 グループ機能 ~Part1~をご覧ください。

 

グループで使うことができる機能は4つあります。
・スレッド
・予定表
・メンバー
・ファイル

スレッドとは、会話などのチャットができるOutlook(OWA)の機能のことです。
スレッドの詳しい説明・使い方については「Office365 グループ機能 ~Part2~をご覧ください。

予定表とは、予定を登録し、メンバー同士で予定表を共有することのできる機能(予定表)のことです。
予定表の詳しい説明・使い方については「Office365 グループ機能 ~Part3~をご覧ください。

メンバーとは、グループ内のメンバー一覧・管理者一覧を見ることができ、管理者設定も行うことができる機能(People)のことです。

ファイルとは、グループ内で資料のアップロード・共有できる機能(OneDrive)のことです。
メンバーとファイルの詳しい説明・使い方については「Office365 グループ機能 ~Part4~をご覧ください。

 

詳しくはノートをご覧いただければと思います♪

20150127_1.png 

 

みなさん、グループ機能について分かりましたか?

 

 

 

 

 次は、私が思った疑問点について調べてみた結果をお伝えします♪

 

 

■グル―プを作成をしたとき、スレッド(機能)を使ったとき、Yammerと連携されるのか?
Yammerの画面を開いて、確認してみました♪
Yammerに、作成したグループが出来ている!といった現象は起きていないです。
YammerとOffice365のグループ機能は別のもので、連携されるということはないんですね。20150127_2.png

ちなみに、実際にブログを書いていて思ったのですが、Yammerとグループ機能との違いってなんだろうなぁと思いました。Yammerについても、もっともっと知りたいです♪

 

 

■ファイル(機能)を使ったとき、OneDriveの容量はどのぐらい使えるのか?
こちらはまだ答えを見つけられていません。。
ただ、一つのグループにつき、一つのOneDriveを使うことができるので、一ユーザーと同じぐらいの容量(Office365ユーザーだと1TB)は使うことができるってことなんですかね。。
この疑問点は、マイクロソフトにサービスリクエストしてみるなり、引き続きの宿題にさせてください♪

 

 

■グループを作成すると、自動的にExchange Onlineの配布グループができるのか?
確認してみました!
アプリランチャーの「管理者」をクリックして、「Exchange管理センター」をクリックします。
受信者の「グループ」をクリックすると、配布グループの確認が出来ますよ♪以下はその画面です。
結果は…「自動的にExchange Onlineの配布グループはできません」でした。20150127_3.png

ちなみに!「Office365管理センター」の「グループ」には、セキュリティグループとしてグループが作成されています。

グループ機能は、アクセス許可ができるセキュリティグループとして作成されているけど、電子メールの配布を行うExchange Onlineの配布グループとして作成されているわけではないんですね。

 

 

 

■グループ機能は無効にできるのでしょうか?
情シスのみなさんは、ちょっと待った!まだグループ機能は使わないでほしい!などなど先行リリースされた新機能に対して冷や汗をかくことがあるかと思います。
Facebook上のOffice365コミュニティでも、グループ機能の無効化について投稿されている方がいましたね♪意外にも、グループ機能を無効にするということは需要があるそうです。

さて、問いに対しての答えですが・・・「できる!」ようです。
以下に詳しい説明が書いてあります。
マイクロソフト Office Online「グループの作成を無効にする」
https://support.office.com/ja-jp/Article/グループの作成を無効にする-cf0889c0-b287-4f45-bce7-42e30963f1f3

上記の要約は以下の通りです♪
グローバル管理者(全体管理者のことですよ。管理者についてはこちらの記事をご覧ください。)は、グループ機能を無効にしてグループの作成を制限することができるんです。
具体的なやり方としては、「ExchangeのメールボックスポリシーをWindows PowerShell を使用して更新し、グループを無効に」します。
Windows PowerShell… …ん~(汗)!どう使ったらよいのか、初心者には難しいかもしれないです。
詳しい手順については、次回の投稿の補足としてお伝えしますね♪がんばってチャレンジしてみます。


 

 

余談ですが、「Office365 グループ機能」は、以下のプランでないと使うことができないようですよ♪
以下、マイクロソフト Office Blog「Delivering the first chapter of Groups in Office 365」より引用。
http://blogs.office.com/2014/09/25/delivering-first-chapter-groups-office-365/
Groups is a feature that is available in Outlook Web App email and calendar and OneDrive for Business, and will be rolled out to all customers that have an Exchange Online or Office 365 commercial subscription, both new and existing. Eligible Office 365 plans include the Office 365 Enterprise E1–E4 subscription plans (including the corresponding A2–A4 and G1–G4 plans for Academic and Government customers, respectively), Office 365 Business Essentials and Business Premium plans, Office 365 Small Business, Small Business Premium and Midsize Business plans and Office 365 Kiosk plan.

 

 

 

最後に。「Office365 グループ機能」をまとめた、マイクロソフト公式のOffice Onlineの参考リンクを以下に貼っておきますね♪
https://support.office.com/ja-jp/Article/Office-365-のグループに関するヘルプを探す-7a9b321f-b76a-4d53-b98b-a2b0b7946de1


 

ではまた次回♪次回に備えて勉強します。