Office 365
Office365 グループ機能 ~Part 4~
1 22
Office365 グループ機能 ~Part 4~

みなさん、こんにちは。第58回目の投稿です。
そういえば!みなさん、バレンタインデーはどう過ごされますか??
気になるあの子をデートに誘ってみようかなぁ。それとも、大好きな恋人とデートかなぁ。
私は、残念ながらデートではなく、「Office365勉強会」に参加しますよ♪

 

では、本日の投稿に入りましょう。
本日は「Office365 グループ機能 ~Part4~」(メンバー、ファイル)についてお伝えします。

 

まずは前回の補足から♪
登録した予定は、スレッド(スレッドの記事はこちらです♪http://bit.ly/1DHEntE)に自動で投稿されます。以下の画面です。20150122_1.png

ピンク色で囲ったところが、登録した予定です。予定表に登録した予定は、スレッドにグループ会話として投稿されるんですね!

 

 

 

 

では、本題に入りましょう。まずは、「メンバー」(Peopleのことです。)についてお伝えします♪20150122_2.png

メンバーへの行き方はぜんぶで3つです。詳しい行き方は、前回お伝えした予定表(http://bit.ly/15s8Ltq)と同じですので、割愛しますね♪
・スレッド(OWA)…「・・・」をクリックし、「メンバー」をクリックします。
・ファイル(OneDrive)…「・・・」をクリックし、「メンバー」をクリックします。
・アプリランチャーから「People」をクリックし、該当する「グループ」をクリックします。

 

メンバーの画面構成の説明は以下の通りです♪20150122_3.png

オレンジ色…ビューの切り替えができます。
        ・すべてを選択すると、すべてのメンバーが表示されます。
        ・管理者を選択すると、グループの管理権限を持つ管理者のメンバーが表示されます。
ピンク色…メンバーが表示されます。
水色…メンバーの追加ができます。
緑色…メンバーの並び替えができます。
     ・表示名を選択すると、表示名順でメンバーが表示されます。
     ・よくやり取りする連絡先を選択すると、よくやり取りする順でメンバーが表示されます。(自分自身は一番最後に表示されますよ。) 

 

 

メンバーの追加をしてみましょう♪
「メンバーの追加」をクリックすると、以下の画面が出てきます。20150122_4.png

追加したいメンバーの名前orメールアドレスを入力します。

 

 

ここでPOINT!その①
メンバーは、複数人まとめて追加することができますよ♪
3名を追加してみました。以下の画面です。

20150122_5.png 

新しく追加されたメンバーの「×」をクリックすると、そのメンバーは削除されます。
新しく追加されたメンバーの「・・・」をクリックすると、メンバーの詳細表示を見ることができます。以下の画面です。20150122_6.png

ちなみに、試してみましたが、とりあえず20名までは追加できました。

メンバーの追加を終えたら、上部分にある「保存」をクリックします。これでメンバーの追加は完了です。

 

 

 

次に、メンバーの編集をしましょう!
以下は、先ほど登場したメンバーの画面です。編集したいメンバーにカーソルをあてると、「・・・」が表示されます。20150122_7.png

「・・・」をクリックすると、以下が表示されます。
・詳細の表示
・管理者にする
・グループから削除

詳細の表示をクリックすると、メンバーのプロフィール(連絡先、メモ、組織、グループ)が表示されます。
管理者にするをクリックすると、「管理者に昇格されました」いうメッセージが出て、そのメンバーはグループの管理者になります。
グループから削除をクリックすると、そのメンバーはグループから削除されます。

グループの管理者は、グループを作ったメンバーしかなれないと思っていたのですが、それは違うようですね♪

 

 

 

まとめ♪
メンバーは、以下のことができる機能ということですね。
・メンバーの一覧表示
・管理者の表示
・メンバーの追加
・メンバーの削除
・管理者の設定

このグループには誰が参加しているのだろう?と思った時に、メンバーを見ることで一目でグループの参加者が分かりますね♪

 

 

ここでPOINT!その②
すみません、メンバーの補足です。実は、メンバーの表示・メンバーの追加は、スレッドからでもできるんです♪
スレッド画面からグループ名を右クリックし、「詳細の表示」をクリックします。すると、以下の画面が出てきます。20150122_8.png

オレンジ色のビューを「メンバー」にすると、メンバーの一覧が表示されます。
ピンク色の「メンバーの追加」をクリックすると、メンバーの追加ができます。

 

 

 

 

 

 

ここからは、ファイル(OneDrive)についてお伝えします♪
以下はグループのファイル画面です。20150122_9.png

ファイルへの行き方はぜんぶで3つです。
・スレッド(OWA)の「・・・」から、「ファイル」をクリックします。
・メンバー(People)の「・・・」から、「ファイル」をクリックします。
・アプリランチャーから「OneDrive」をクリックし、該当する「グループ」をクリックします。

 

 

実際に使ってみましょう!
新しいドキュメントをクリックすると、Word、Excel、PowerPoint、OneNoteがOnlineで起動します。20150122_10.png

 

アップロードをクリックすると、ファイルをアップロードする画面がでてきます。20150122_11.png

ラッグ&ドロップでファイルをアップロードすることもできますよ♪
ドキュメント類のアップロード方法についてはこちらの記事をご覧くださいね♪(http://bit.ly/158jtVA

 

アップロードしました。以下の画面です。20150122_12.png

ファイルを作成またはアップロードすると、グループではどんなことが起こるのでしょう。


確認してみたのですが・・・。
あれ!スレッドにも投稿されたわけでも、メールが届いたわけなでもないです。

 

想像していたよりもシンプルでしたね♪ファイルは、グループ内でファイル共有するための場所を用意してくれているということですね♪

 

 

 

 

 

これで一通り、グループの各機能についてお伝えするこができました。

 

ということで!Office365の新機能「グループ」の記事は、次回の投稿で最後になりそうです。
次回は「グループのまとめ」&「疑問に思ったこと」をお伝えします♪

 

 

ではまた次回♪次回に備えて勉強します。