Office 365
Office365 グループ機能 ~Part 2~
1 15
Office365 グループ機能 ~Part 2~

みなさん、こんにちは。第56回目の投稿です。(2015年10月20日に記事をメンテナンスしました。)

グループ機能の記事がなかなか好評のようで、とても嬉しいです!

本日の夜は、お客様と案件の打ち上げパーティです。楽しみです♪

 

では、本日の投稿に入りましょう。

本日は前回に引き続き、「Office365 グループ機能 ~Part2~」(スレッド機能)についてお伝えします。

 

本題に入る前に補足をしますね♪

補足①

Office365「グループ機能」を試してみるには、先行リリース機能を『ON』する必要があります。(前回お伝えし忘れていました。。)

先行リリース機能は、Office365管理者ページ(管理センター)へ行き、ダッシュボードの「サービス設定」の『更新』をクリックしてください。

 

補足②

グループ作成当初は、アイコン画像が自動的に設定されます。そのアイコン画像なのですが、グループ名の頭文字「2文字」が表示されます。

グループ名:グループ名が入ります。

20150115_1.png
「グル」って表示されます。


グループ名:Office365新卒管理者

20150115_2.png
「OF」って表示されます。(小文字でOfficeと打ったのですが、大文字で表示されていますね。)

 

_______________________________________________ 

 

 

では、本題に入りましょう。

本日は「グループ機能」の『スレッドの使い方』についてお伝えしますね。

(その他の機能(予定表、メンバー、ファイル)については次回以降でお伝えします。)

 

スレッドとは、Outlook(=OWA)(Outlook On the Web、2015/10/20に追記)のスレッドのことです。

 

 

スレッドに行くルートは2つあります。

一つ目、Outlook画面の左下部分にあるグループ名をクリックすると、スレッドの画面に遷移します。

20150115_3.png 

 

つ目、アイコン画像の右横にある「…」をクリックし、スレッド(OneDriveだと会話になっていますが…)をクリックします。

20150115_4.png 

上記の画面は、Peopleです。
ちなみに、Outlook、People、OneDriveからはスレッドに行くことができますが、予定表からだと行けないようです。

 

 

 

 

実際に使ってみましょう!

以下は、手順です。

1. ピンク色で囲った「グループ会話を開始します」をクリックします。

20150115_5.png 

 

2. すると、以下のスレッド投稿画面が出てきます。

20150115_6.png 

・宛先(グループIDが宛先になっています。)

・本文

・送信ボタン

・破棄ボタン

・添付ボタン

 

 

ここでPOINT!

宛先に、グループ外のユーザーも入力することができます。

20150115_7.png 

公開設定にしたパブリックグループはもちろん、

非公開設定にしたプライベートグループでも、グループ外のユーザーを宛先にすることができますよ♪

宛先入力時には、連絡先とディレクトリの検索が自動で働くので、とても便利です♪

 

 

ここでPOINT!

添付のクリップボタンをクリックすると、OneDriveが開きます。

以下の画面です。OneDriveにアップロードしているファイルを添付することができますよ♪

20150115_8.png 

 

(※最近OneDriveのアップデートが頻繁に行われてるようですので、画面がお手元と異なる場合があります。2015/10/20に追記。)

 

3. ファイルを添付する場合は、添付したいファイルをクリックして、「次へ」をクリックします。

20150115_9.png 

 

4. OneDriveで共有するのか、添付ファイルで送信するのかを選択します。

20150115_10.png 

 添付ファイルとして送信を選択すると、以下の画面になります。

20150115_11.png 

OneDriveで共有を選択すると、以下の画面がでてきます。

20150115_12.png 

 

 

5. コメント入力などを終えたら送信ボタンをクリックします。

 

6. こんな感じで、スレッドが表示されますよ♪(2015/10/20の画面です。)

20151020_6.png 

いいね!ボタンが最近追加されたようです♪

記事を書いた1月時点ではありませんでしたので、アップデートされたのですね。 (2015/10/20に追記)

 

_______________________________________________ 

 

 

 

 

スレッドに対しての返信もできます♪

 

1. スレッドを選択し、右側にあるコメント欄に返信を入力をし、送信ボタンをクリックします。

20150115_14.png 

宛先を選択することがきますよ♪返信通知をしたいユーザーを、宛先に入力してくださいね。

 

 

2. 送信ボタンクリック後の画面は以下の通りです。(2015/10/20の画面です。)

20151020_7.png 

スレッドに対して返信があると、「↺○○」と表示されます。(オレンジ色で囲った部分ですね♪)
今は返信が2件あるので、 「↺2」と表示されていますね♪

 

 

 

 

ここでPOINT!

20150115_16.png 

投稿したスレッド・スレッドへの返信は、以下のことができますよ。

・全員に返信

・転送

・詳細を表示する/しない

転送をクリックすると、メール画面に遷移します。ここらへんがOWAの機能なんだなぁと感じられるところですね♪

 

 

 

_______________________________________________ 

 

意外と量が多くなってしまったので、今日は一旦ここで終わりにします!

 

 

 

次回は、グループ機能の「予定表」「メンバー」の使い方についてお伝えできればと思います♪

 

 

ではまた次回♪次回に備えて勉強します。

 

 

 

 

 

Microsoft® Most Valuable Professional
2016.01 Office Servers and Services