Office 365
Office365とは
6 06
Office365とは

皆さまはじめまして。今年度から株式会社セラフに入社した新入社員です。
Office365はもちろん、ITのことすら全く分からないのに、入社そうそうOffice365の管理者に任命され、冷や汗をかく毎日を送っています。管理者としてOffice365を理解するためにはどうすればよいか考えた結果、ブログを開設してOffice365に関する事柄を皆さんと共有していけばよいのではという結論になりました。
お粗末な投稿内容ではありますが、温かく見守って頂ければ幸いです。どうぞよろしくお願いいたします。

本日のブログは「Office365とは」です。
Office365のブログを発信するにあたって、私が勉強した範囲でのOffice365の簡単な概要をお伝えしていきます。
Office365とはクラウドサービスのことで、①メールの送受信、②情報の共有・管理、③メッセージ交換や通話などが利用できます。

写真.JPG 

以前は、一つ一つサーバーを契約して、一つ一つソフトウェアやパッケージを購入していたようで、経済的な負担が大きく、作業が面倒だと感じていた方も多いはずです。しかしOffice365を利用すると、サーバーやソフトウェアなどの購入は必要なくなり、経済的にお得になり作業負担も軽減できます。Office365を利用する上で、以前の手間を省けることは大きなメリットであります。
メリットの一方で、クラウドってなに?クラウドって不安という方もいらっしゃると思います。クラウドは、データをパソコンやスマートフォンなどの端末に保存するのではなく、インターネット上に保存するサービスのことをいいます。そのため、不特定多数からアクセス可能なインターネットを経由して、大切なデータを社外のサーバー(ここではデータセンターといいます)に保存するのでクラウドは不安、という考えた方もあるようです。しかし、Office365はデータセンタの場所とデータセンター内でのデータの保存場所を決定する方法を知ることができたり、セキュリティやプライバシーについて最新情を把握することができたりなど、対策しっかりしていて安心してOffice365を使うことができます。クラウドは、①サーバーやソフトウェアなどの購入がないため低コストで、②どこでも・どの端末でも使えて、③メンテナンスも不要で、④作業負担も軽減できて、などなどメリットがたくさんあって、とても魅力的なサービスであることは間違いなさそうです。

クラウドの話が少し長くなりましたが、Office365はメリットがたくさんあるクラウドサービスの一つであるということです。

本日はここまでにして、次回の投稿で、Office365のサービスとプランについてお伝えしていきたいと思います。

ではまた次回♪次回に備えて勉強します。

本日の教材
 ■ 株式会社インサイトイメージ&できるシリーズ編集部『できるOffice365 Small Business』
 ■ Office365「セキュリティとコンプライアンス」http://www.microsoft.com/ja-jp/office/365/security-compliance.aspx

 

Microsoft® Most Valuable Professional
2016.01 Office Servers and Services