Office 365
パブリックサイトについて
6 28
パブリックサイトについて

​こんにちは。第7回目の投稿です。


今日は先輩社員開催のSharePoint勉強会がありました。(先週も金曜日に開催だったので毎週金曜日が定例かもしれないです!)
SharePoint は 奥が深くて、一回の投稿だけではお伝えできません。オンプレミス ⇔ オンライン の2つありますし、サーバーもあるし…。私は基礎が全然分かっていないんだなと感じ、あわあわしているとこです。

 

今日からは新しいテーマでブログを投稿していこうと思います!テーマは『Office365 新卒管理者奮闘ブログ』についてです。
ブログを開設する際に、どのサイトで開設すればよいのか色々悩みました。そもそもパブリックサイトが何か分からないのにも関わらず、パブリックサイトでブログを開設するのは良いのではと社内でなり、あの頃は(今もですが…。)本当にあたふたしていました。

今日は私がブログを開設するにあたって、一番最初に行った「パブリックサイトについて調べた」結果についてお伝えします。

20140627_1.png 


そもそもパブリックサイトとはなんなのでしょうか。SharePoint Onlineについて投稿をしたときに、チームサイトとパブリックサイトがあるとお伝えしたかと思います。チームサイトは社内で使うサイト、パブリックサイトは外に公開されるサイトです。
また、パブリックサイトには色々な名称(?)があり、最初のうちは頭が混乱するかもしれません。
■ 一般向けwebサイト
■ パブリックサイト
■ 一般向け公開サイト
■ 公開サイト

パブリックサイトが分からなくて検索しているのに、いろいろな名称があって、その度に混乱していました。
名称はいろいろありますが、意味は同じです。まずはここを押さえると、パブリックサイトについて理解しやすいかなと思います。

 

次に、パブリックサイトでできることについてお伝えしていきます。
 ■ WebページにFacebookプラグインを追加して、Facebookを取り込むことができる。
 ■ 豊富な機能
   Web ページ・画像・ビデオ・カスタムアプリケーションなどを追加して編集できる。
 ■ デザイン方法が選べる。
   方法1:40を超える構成済みのレイアウトから外観を変更できる。
   方法2:サイト公開の前に、外部のデザイナーに委託することも可能。 「共有」を押すと外部ユーザー(デザイナー)を招待できます。
   方法3:完全に新しいデザインをする場合は、デザインマネージャーを使用する。
520140627_.png

上記は、デザインのテンプレートの一例です。(方法1です)


 ■ ブログ機能
   ブログの概要ページ、テキスト、画像、ビデオによる投稿、ブログのカテゴリ、ソーシャル メディアで有効なコメント、RSS 購読などの機能がある。
   ブログの管理者はすべての機能を使うことができ、ブログ投稿の作成と管理、ブログのカテゴリの作成、ブログ投稿のレイアウトの変更などの操作ができる。また、コメント機能が含まれていて、Facebook、Yahoo!、AOL、Hotmail のアカウントを使ってサインインできる。一度サインインすると、コメント、返信、質問などを追加できる。

 

このブログはデザインをデザイナーさんにお願いし作成しましたので、カスタマイズがいろいろされています。ブログに特化したサイト作りをしたので、初期のパブリックサイトと見比べると、違くない?という印象をもたれる方もいるかもしれまんせが、パブリックサイトはいろいろ工夫ができ、自分好みのサイトをクリック一つで公開することができるのも、メリットかと思います。

 

20140627_2.png 

先ほどからちらっと出ていますが、パブリックサイトはオンラインにすると押すだけですぐにサイトを公開(オープンな状態に)できます。何か問題があり、サイトを非公開にしたいときも同じところをクリックするだけできます。

 

クリック一つでサイトが作れてパブリットサイトはとても便利です。
しかし、パブリックサイトは1 つのみで、追加でサイトを作成することはできません。(ここ重要です!)
SharePointの感覚ですと、パブリックサイトは何個も作れるんじゃないかという錯覚に陥ってしまうことがあります。
もし、これから先パブリックサイトを使う場合が他であるかもしれないと思った時は、SharePointを別契約して違うテナントでパブリックサイトを公開するのも良い方法かもしれません。


ちなみに、URLは、http://<会社名>-public.sharepoint.comです。
Webサイトのカスタマイズ完了後、www.<会社名>.com などの独自のカスタム ドメインを適用できるようもなります。
私のブログは前者の、 http://<会社名>-public.sharepoint.com です。Sharepoint.comで検索しますと、他のパブリックサイトを見ることもできますので、一度検索してみて、イメージを掴んでみるのはいかがでしょうか。

 

20140627_7.jpg 

最後に、私のノートです。

 

ではまた次回♪次回に備えて勉強します。

 

本日の主な教材
 ■ 株式会社インサイトイメージ&できるシリーズ編集部『できるOffice365 Small Business』

 

 

 

Microsoft® Most Valuable Professional
2016.01 Office Servers and Services