Office 365
home
11 21
SharePoint Online サイト 77 ~サイトのページの小ネタ~

​みなさん、こんにちは。第176回目の投稿です。

そういえばもうすぐ12月じゃないですか~☆ 今年も Office 365 アドベントカレンダーが開催されますよ。投稿してくださる方、絶賛受付中です!(彼氏受付中でなくてすみません…)

 

では、本日の投稿に入りましょう。
本日は「SharePoint Online サイト 77 ~サイトのページの小ネタ~」についてお伝えします。

 

 

 

 

ポータルサイトのデザイン・開発のお仕事をさせていただいているのですが、2つのライブラリを使うことがよくあります。
*サイトのページ(SitePages)
*ページ(Pages)

どっちもページを保存するライブラリで何が違うのさ!と思うことがよくあり、パス名も似ていることから、2つのライブラリがごっちゃになることがたまにあります(。´・ω・) ただ、持っている機能が違っていたりするのですよ☆
20161121_1.png

ということで、上記の違いは次回以降でお伝えするとして、本日は先に "サイトのページの小ネタ" についてお伝えしたいと思います。

 

 

 

 

サイトのページ(SitePages)と ページ(Pages)の画面を見てみると判るのですが、ちょっと違いがありますよね。
●サイトのページ
20161121_2.png

●ページ
20161121_3.png

 

 

 

 

 

みなさん、お気づきになりましたか?(既にご存知でしたらすみません…)

サイトのページだと、以下の操作ができないのですよ (*'ω'*)!
1)SharePointの画面上でのドキュメントのアップロード(※1)
2)SharePointの画面上でのドキュメントのダウンロード
3)エクスプローラービューの起動

 

 

というのも、リボンナビゲーションのボタンが無効化しているようです。
*ドキュメントのアップロード
*コピーのダウンロード
*エクスプローラーで開く
20161121_4.png

 

 

※1 SharePoint Online も今年の夏ごろまではアップロードボタンが表示されていなかったのですが、最近できるようになったみたいです。
●SharePoint Online の画面
20161121_5.png
●SharePoint Server の画面(2013)
20161121_6.png

 

 

 

 

 

 

 


では、どのように解決すればよいのでしょう!!

解決策は以下の通りです。
1)SharePoint Designer 2013 を起動する
2)別のライブラリでエクスプローラービューを起動させ、SitePagesに移動する

 

 


1の "SharePoint Designer 2013 を起動する" の場合は、すべてのファイル>サイトのページを選択します。すると、ファイルのインポート/エクスポートが可能になりますよ。
20161121_7.png

 

2の "別のライブラリでエクスプローラービューを起動させ、SitePagesに移動する" の場合は、例えばドキュメントライブラリでエクスプローラービューを起動させ、1つ前の階層に戻り SitePages を選択します。
20161121_8.png

 

 

 

 

 

私はエクスプローラービューの方が好きなので、2 を使うことが多いですよ☆
ただ、現在は(Online の場合は)SharePoint の画面上でアップロードできるので、解決策も意味がなくなってしまったかもしれないです(。´・ω・)

 

 

本日は私がお仕事で実際に困って、いつも実践している "小ネタ" についてご紹介させていただきました。
みなさんのお役にも立てば嬉しいです♡

 

では、また次回♪次回に備えて勉強します。

 

 

●勉強会のお知らせ
12月3日(土)第17回 Office 365 勉強会
Exchange Server や Outlook などについて
http://jpo365ug.connpass.com/event/43136/

 

 

 

 

11 15
SharePoint Online サイト 76 ~5,000件対策としてのビューの作り方~

みなさん、こんにちは。第175回目の投稿です。

今日はなんだか眠いモードです…zzz (。´・ω・)

 

では、本日の投稿に入りましょう。

本日は「SharePoint Online サイト 76 ~5,000件対策としてのビューの作り方~」についてお伝えします。


 

最近はデザイナーへのインタビューや勉強会のレポートばかりで、Office 365 な投稿がご無沙汰になっていましたね(。´・ω・) 
ごめんなさい(。´・ω・)
年末に向けて、またペースアップしていきたいと思います!!

 

 

 

1. はじめに

リストのアイテムが5,000件以上になってしまうと(昇順降順やフィルターができないなど、見た目の機能も損なわれますので)対策として、「アイテムが5,000件以内に収まるビュー」を作りますよ♪
でも、ただ単にビューを作ればOK!というわけではありません。
作る際にPOINT!がありますので、そちらも踏まえてご紹介したいと思います。

 

 

 

 

2. 作り方

作り方は以下の通りです。

手順1)リストの設定画面を開きます。(アイテムが5,000件以上入っているリストで試してくださいね。)
手順2)列の設定のエリアの下部分にある「インデックス付き列」をクリックします。

20161115_1.png 

 


手順3)「新しいインデックスの作成」をクリックし、5,000件で分けたい列(例えば申請番号など)を選択し、インデックス付き列を作成します。

20161115_2.png 

 

 

手順4)手順3を終えたら、ビューを作成します。(一般的なビューの作り方と同じです。)
手順5)その際、フィルターの項目で、手順3で作成したインデックス付き列を選択し、値の設定をします。
手順6)最後にOKボタンをクリックし、ビューの作成を終えます。(昇順降順などはお好きに設定してください。)

手順7)あとは全アイテムが5,000件以内に収まるまで、手順4~手順6の作業を続けてください。

 

 

 

作成し終えると、以下の画面のようにビューが作成されます。

20161115_4.png 
このように、1つのビューにアイテムを5,000件以内に収めることで、昇順降順やフィルターができるようになります。

 

 

 

 

 

 

 

3. 作り方のPOINT!のまとめ

POINT!は以下の2つなります。

*インデックス付き列を作成するために、フィルターを掛けることができる列を用意しておくこと
  
(例えば申請番号など、5000件以内に収まりそうな列)

*ビューを作成する前にインデックス付き列を作成する

 

 

 

 

 

 

5,000件対策として、ビューを作ることはみなさん既にご存知だとは思いますが、ビューを作るといっても意外に(?)作り方のコツがあるなぁと思いましたので、お伝えしました(*'ω'*)!

何かしらのお役に立てれば嬉しいです☆

 


では、また次回♪次回に備えて勉強します。

 

 

 

11 14
MVP Global Summit 2016 参加レポート

みなさん、こんにちは。第174回目の投稿です。
お久しぶりです。

 

 

先週は MVP Global Summit 2016 というイベントがあって、アメリカ・シアトルに行っていました(*'ω'*)!
会社の経費で行かせていただきました!感謝です♡

20161114_1.jpg 

 

 

 

 

 

ということで、本日は「MVP Global Summit 2016 の参加レポート」についてお伝えします。

アジェンダは以下の通りです。
1. MVP ってなぁに?
2. どんなイベントなの?
3. 感想

 

 

 

 

 

1. MVP ってなぁに?

そもそも MVP とはなんなのでしょう。おさらいしてみたいと思います。

MVP の正式名称は "Microsoft Most Valuable Professional" 言います。
会社ではなく、個人の活動に対して贈られる「賞」のことですよ。活動とは、マイクロソフト製品の技術・知識などを情報発信し、たくさんの方々と共有する…ということです。詳しくはサイトをご参照くださいね。

ちなみに、MVP は自薦で応募が可能ですよ☆特に若手の MVP が少ないので、ご興味ある方はぜひ仲間になれたら嬉しいです(*'ω'*)!

 

 

 

 

 

 

2. どんなイベントなの?

●概要
MVP Global Summit 2016 とは、世界中の MVP がアメリカ・シアトルに集まり製品のセッションの参加をしたり、製品に対するフィードバックを行うマイクロソフト主催のイベントです。
MVP 以外の方は参加できなく、(内容はもちろんですが、参加されているみなさんも)濃い!イベントになっています。
詳しくは下記のサイトをご参照くださいね。
https://mvp.microsoft.com/ja-jp/Summit

 

 

●なぜシアトルなの?
お判りの方は多いかと思いますが、マイクロソフトの本社がレドモンド(シアトル)にあるからですよ。
マイクロソフトのキャンパス内でセッションなどが開催されています!(以下の写真はキャンパス内で撮りました。)

20161114_2.jpg 

 

●何日間開催されたの?
今年は(現地時間で)11月7日の月曜日~11月10日の木曜日まで開催されましたよ。
私は、11月7日~11月9日までの3日間、参加してきました!

 

 

●どんなイベントなの?もっと詳しく教えて!
一日の流れのイメージとしては、朝早くからセッションに参加 → ランチ →セッションに参加 →パーティー という感じです。
基本的に本イベントの内容(セッション内容など)はNDAになっているため、みなさんと共有することができなく残念(。´・ω・) です…。

 

 

 

 

 

 

 

3. 感想
 

最後に、感想です(*'ω'*)!

私は今年はじめて MVP を受賞させていただいたので "初参加" でしたが、本当にとても楽しかったです!
自分の活動や MVP としても活動についてもいろいろと考えさせられました。また、日本の MVP の方だけではなく海外の MVP の方にもお会いできたことで、勇気づけられました。
今後は英語でも情報発信できるようになりたい…(。´・ω・) です。

 

 

 

 

では、また次回♪次回に備えて勉強します。

 

 

◆勉強会のお知らせ

12月3日(土)第17回 Office 365 勉強会 【Exchange】
http://jpo365ug.connpass.com/event/43136/

 

 

 

 


 

10 24
CLR/H勉強会 第11回 参加レポート☆

みなさん、こんにちは。第173回目の投稿です。

最近寒くなってきたので、もこもこパジャマが欲しい気分です~♪


では、本日の投稿に入りましょう。

本日は「CLR/H勉強会 第11回 参加レポート☆」についてお伝えします。

 

 

2016年10月22日(土曜日)に、

CLR/H 勉強会 第11回 が日本マイクロソフトで開催されました。

 

勉強会の概要についてはコチラをご覧くださいね☆

 

 

 


私は IT Pro 向けのお部屋で、登壇をさせていただきました。

20161024_1.jpg 

 

20161024_2.jpg 

 

 

 

 

 

 

 

資料は以下になります。ぜひチェックしてみてくださいね (*'ω'*)!

 

 

 

 

今回は 開発系コミュニティ CLR/H の勉強会ということもあり、

いつもとは違う話題でお話しさせていただきました。

 

後半は Bot に話しかけてみる Demo をさせていただきました☆


楽しんでいただけてたら嬉しいです!

 

 

 

では、また次回♪次回に備えて勉強します。

 

 

 

 

 

10 18
セラフのしぇあぽデザイナーにインタビュー ~デザイン~(後編)

​みなさん、こんにちは。第172回目の投稿です。

今週の土曜日は、CRL/H勉強会で登壇を行います。

ドレスコードはハロウィンなのですが、どうしましょう (。´・ω・)!!

 

 

では、本日の投稿に入ります。

本日は「セラフのしぇあぽデザイナーにインタビュー ~デザイン~(後編)」についてお伝えします。

 

 

 

前編は10/4にお伝えしましたね。

私が在籍している会社(株式会社セラフ)は、

Web制作会社で、SharePoint のポータルサイト構築も行っています。

 

 

 

 

本日は、弊社のデザイナーにしぇあぽ(SharePoint)の

デザインのインタビュー内容(後編)ご紹介しますよ♪

20161018_1.jpg 

 

 

 

宇留野:T さんは、以前からしぇあぽのデザインをされているとうことで、SharePoint の知識があることが判りましたが、Web のお仕事もされていますよね。

T さん:やっと Web デザインのことについて聞いてくれましたね!!

宇留野:部ではどのようなお仕事をされているのですか?

T さん:僕の部署は SharePoint のデザインも行っていますが、ベースとして Web制作の業務を行っています。キャンペーンサイトやコーポレートサイトを数多く手掛けています。最近だと、アプリケーションのデザインも増えてきています。

宇留野:イケてるクリエイターって感じですね。

T さん:…はい。

 

 

 

宇留野:Web デザインの知識は、しぇあぽのデザインにどう生かされているのですか?

T さん:いい質問ですね。Web デザインをしていることで、Web のトレンドを抑えているという強みがあります。ポータルサイトは社内向けのサイトなので極端にリッチにするということはないですが、それでも色味や見せ方などは SharePoint に生かしていますよ。

 

 

 

 

宇留野:Web デザインとしぇあぽのデザインはどう違うのですか?

T さん:コーポレートサイトやキャンペーンサイトは見せたい主題がはっきりしていて、ページ毎に目的があります。SharePointの場合は、ポータルサイト・チームサイトが主なデザインがです。なので、見せる切り口がまったく異なります。たくさんの目的を一つの画面に納める難しさがあります。また、Web デザイン/制作は瞬発力が重要視されるかなぁと思います。ポータルサイトは進め方がシステム的なので、システム的な世界を経験していないと進め方が大変ですね。

 

 

 

 

宇留野:しぇあぽのデザインの話しに戻りますが、思い出話しなどはありますか?

T さん:もともと何かを作るということが好きなので、 2007 や 2010 の SharePoint と格闘しているときはけっこう楽しかったです。ド M ではありませんよ(笑)。やっぱり、頑張ってやったことがお客様からの評価につながる。それが一番うれしかったですね。

 

 

 

 

 

 

宇留野:ちなみに、趣味は何ですか?

T さん:いきなり話しが飛びますね(笑)。宇留野さんらしいです。

Tさん:趣味は「木工」ですかね。本格的に木材で家具を作っています。鑿を研いでいるときは最高に楽しいです!!

宇留野:そうなのですね!はじめて知りましたよ。

宇留野:根っからの "職人気質" ですね。それが、しぇあぽのデザインにも生かされているのですね。納得です!

 

 

 

 

 

宇留野:それで、しぇあぽのデザインで苦労したことはありますか?

T さん:2007 のときにも話したけど、SharePoint の HTML は状況により、常に変化します。

宇留野:生き物みたいですね。

T さん:そうですね。「ここら辺までならやっても大丈夫」というラインを見つけることが大変です。例えばですが、検索ボックスをマスターページから削除すると、特定の動作でエラーが発生します。検索ボックスがないだけなんですけどね。それらを加味して、デザインしなければいけないなので、やはり「癖」を見極めることに苦労します。

留野:やっぱり「癖」があるのですね。思わぬ落とし穴ですね。

T さん:そういう「癖」を理解できたからこそ、セラフのしぇあぽのデザインはお客様から高い評価をいただいているのかなと思います。

 

 

 

 

 

 

 

みなさん、インタビュー記事は楽しくご覧いただけましたか??

 

 

SharePoint 標準のポータルサイトだと、

メリハリがなくフラット感じになりがちだと思います。

 

セラフでは、SharePoint の知識と Web デザインの知識を生かしたデザインを

行うことができますので、ぜひお問合せしていただけたら嬉しいです(*'ω'*)!

 

 

 

 

Eメール:info@srp.co.jp

お電話:03-5549-4680

 

 

株式会社セラフについてはこちら(@東京都港区赤坂)

http://www.srp.co.jp/about/

 

 

 では、また次回♪次回に備えて勉強します。

 

 

 

 

 

10 12
SharePoint 勉強会@大阪 参加レポート

​みなさん、こんにちは。第171回目の投稿です。

いよいよ秋がやってきましたね♪

たくさん食べ過ぎて太らないようしたいです笑(*'ω'*)!

 

 

では、本日の投稿に入りましょう。

本日は「SharePoint 勉強会@大阪 参加レポート」についてお伝えします。

20161012_3.jpg 

 

 

アジェンダは以下の通りです。

1. SharePoint 勉強会の概要

2. 勉強会のアジェンダについてご紹介

3. 私の登壇の様子についてご紹介

 

 

 

 

 

1. SharePoint 勉強会の概要

そもそも!

SharePoint 勉強会とはなんなのでしょうか?

----------------------------------------------------------

Japan SharePoint Group というコミュニティが主催する勉強会のことですよ。

東京や大阪を中心に、日本各地で勉強会を開催しています。

前回(5月)は東京で、今回(10月)は大阪でした(*'ω'*)!

開発者/IT Pro/管理者 など来場者のジャンルを問わず SharePoint(オンプレ/Online)に関する

いろいろな登壇内容で、勉強会が構成されています。

----------------------------------------------------------


先日行われた "大阪" の概要は以下の通りです。

----------------------------------------------------------

Japan SharePoint Group 勉強会 #24 

日時:2016年10月1日(土)13時~18時30分

場所:大阪(SCSK株式会社様 北浜オフィスセミナールーム)

----------------------------------------------------------

 

 

 

 

 

 

 

 

2. 勉強会のアジェンダについてご紹介

当日の勉強会の登壇は、以下の通りです。

公開されている資料を載せておきますね♪

 

13:15 - 13:25 「SharePoint と SQL Azure」(山﨑さん/SharePoint 勉強会主催者)


 

 

 

13:30 – 14:10 「データ連携の来し方行く末 ~そして少し SharePoint 連携事例~」(桑島さん)

 

14:20 – 15:00 「餅は餅屋 ~SharePoint だけで頑張るのをやめようよ」(深見さん)

 

 

15:05 – おやつタイム

20161012_1.jpg 


 

 

15:35 – 16:25 「Access Services で出来る事、出来ない事」(長澤さん)

 

16:35 – 16:50 「新UIにそろそろ慣れないとやばい気がするので、どう使えるのか確認してみた ライトニングトーク拡大版」(目代さん)

 

 

16:50 – 17:05 「SAML認証とSharePoint」(松岡さん)

 

 

 

 

17:15 – 17:45 「SharePoint Online がいろいろ変わっているみたい!うちのポータルサイトはどうなっちゃうの?」(宇留野)

 

 

夜は懇親会でした~!!

 

 

 

 

 

 

 

3. 私の登壇の様子についてご紹介

 

では、最後に私の登壇の様子についてご紹介したいと思います!


 

 


弊社はポータルサイトのデザインのお仕事をしているので、

今回は SharePoint の新しい UI についてお話しさせていただきました。

 

 

 

本当はもう少し "新しいチームサイト" について、がんがんお伝えしたかったのですが、

リリースのこともあり内容を縮小しました(。´・ω・)

20161012_2.jpg 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今回の SharePoint 勉強会は、管理者やユーザーの方々もいらっしゃっていて、とても楽しかったです!

私のお話しが皆さんのお役に立てれば嬉しいです♡

 

 

では、また次回♪次回に備えて勉強します。



 

 

10 04
セラフのしぇあぽデザイナーにインタビュー ~デザイン~(前編)

みなさん、こんにちは。第170回目の投稿です。

もうすぐハロウィンですね☆ どんな仮装をしたらよいですかね~♪

 

 

では、本日の投稿に入りましょう。本日はいつもとは趣向を変えて・・・!!

「セラフのしぇあぽデザイナーにインタビュー ~デザイン~(前編)」についてお伝えします。

 

 

 

私が在籍している会社(株式会社セラフ)は、Web制作会社で、

SharePoint のポータルサイト構築も行っています。

私のお仕事としては、進行・ディレクションをしたり、設計をやったり、

トレーニングを行ったりしています。(もちろん社内の Office 365 管理も担当していますよ!)

 

そんな弊社ですが、SharePoint ポータルサイトの「デザイン」で、

お客様から素敵な評価をいただいています(*'ω'*)!

 


 

ということで、本日は弊社のデザイナーにインタビューをして、

しぇあぽ(SharePoint)のデザインについていろいろお話しを聞いてみました。


 


 


 

---------------------------------------------------------------

本日インタビューを行った方は・・・

Web デザインを行う部署の T さんです♪

20161004_1.jpg 

---------------------------------------------------------------

​ 


 

宇留野:SharePoint のポータルサイトをデザインするときに、お客様からどんなご要望をお伺いすることが多いですか?

T さん:標準の機能だけでポータルサイトを作ろうとすると、見た目がシンプルで年配の人には使いづらいなぁという印象があります。そのため「ページを見やすくしてほしい」というご要望が多いかなと思います。具体的には、パーツのタイトルを認識できるよう判りやすくして欲しいなどですかね。

宇留野:デザインでメリハリをつけるためにはどうするのですか?

T さん:解決策としては、CSS を当てたりします。

 

 

 

宇留野:どんな風にしぇあぽのデザインを作っているのですか?

T さん:まずは Photoshop でデザイン画像を作成します。そのあとに、HTMLを作成し、SharePoint に組み込みを行います。

 

 


 

 

宇留野:しぇあぽをデザインする上で、どんなことが難しいのですか?

T さん:「癖」を見極める事が難しいです。例えば、ここのパーツを消すとどうなるかなど、試行錯誤が必要です。

宇留野:試行錯誤ですね!大変そうです…。他にもありますか?

T さん:マスターページの種類によって、見た目が同じでもパーツの内容が変わってしまったり…ということもあります。また、ユーザーが操作することも考慮すると、全てのHTMLを表示している状態で画面の表示が崩れない CSS を作るのに苦労しました。

宇留野:私が使うだけでも「癖」がありますが、デザインにも「癖」があったのですね(笑)。

宇留野:独自で作成した CSS など、SharePoint の癖を理解した知識を生かして、今はデザインを作っているのですね。

 

 

 

宇留野:デザインが難しいのは判りましたが、それ以外でも難しいことがありますか?

T さん:システムだと開発する上で仕様やドキュメントが大切になるので、システム側のドキュメントも理解する必要がでてきます。

宇留野:そのシステム的な役割を弊社だと "私が在籍している部署" が補っているということですか?

T さん:その通りです。セラフは SharePoint 開発をしている部署があるので大丈夫ですが、一般的な Web 制作会社だと、SharePoint のことをシステム的に分かる人が少ないと思うから、デザインする上でもかなり大変だなと感じます。

宇留野:いい感じのハーモニーを醸し出しているわけですね♡

 

 

 

 

 

宇留野:しぇあぽのデザインはいつから行っているのですか? T さんの "しぇあぽデザインの歴史" について教えてください。

T さん:僕は SharePoint のデザインを 2007 の頃から行っています。2007 と 2010 のときはデザインを行うための仕組みが SharePoint になく、とても苦労しました。2013 になってようやく、Web デザイナーが持っている知識で SharePoint のデザインが行えるようになりました。

宇留野:2013 だと具体的にはどんな風になったのですか?

T さん:HTML を作成し、それを SharePoint に取り込んで、主要な SharePoint のパーツを配置するだけでマスターページができるようになりました。デザインマネージャーのことです。

宇留野:デザインマネージャーってなんですか?もう少しやさしく教えてください。

T さん:SharePoint の知識がないデザイナーでも、リッチなデザインを当てられる機能のことです。ただ、デザインマネージャーを使えばデザインは完璧にできる!というわけではないと感じています。実際の構築やお客様の業務に当てはめるには、SharePoint の概念や機能そのものを理解していないとだめだし、お客様のご要望を理解して SharePoint に適用できるかをきちんと加味して、デザインを行わないといけません。

 

 

宇留野:2016 のチームサイトではデザインは推奨されないようですが、その辺りはどう思っていますか?

T さん:ポイントは見極めかもしれません。リッチなデザインばかりを推奨するのではなく、SharePoint の特性を意識しながらデザインを当てることが大切だと感じています。そのことを踏まえた上で、今後もデザインを行っていきたいと考えています。

宇留野:私も 2016 につい勉強しないといけないですね(。´・ω・)!

 

 

 

 

・・・・・・・・続きは次回に続きます!!

 

 

 

 

 

みなさん、楽しんでいただけましたか?次回も楽しみにしていてください(*'ω'*)!

 

では、また次回♪次回に備えて勉強します。

 

 

 

 

9 16
SharePoint Online サイト 75 ~ライブラリで拡張リッチテキストを使えるようにしよう!~

みなさん、こんにちは。第169回目の投稿です。

ここ数日、投稿がストップしていてすみませんでした(。´・ω・)

先週は出張だったり、お休みをいただいて箱根に行ってきました☆!

 

では、本日の投稿に入りたいと思います。

本日は「SharePoint Online サイト 75 ~ライブラリで拡張リッチテキストを使えるようにしよう!~」についてお伝えします。

 

 

 

 

実は、先日知ったのですが、ライブラリだと

複数行テキストの "拡張リッチテキスト" を使うことができないのです。。

みなさんご存知でしたか??

 

列の設定画面がこんな感じです。

20160914_01.png 

 

テキストの種類を選択するエリアがないですよね。

 

 

 

下記は、リストの(列の設定)の画面です。

20160914_02.png 

 

 

 

 

 

解決策がなく困っていたのですが、

ついに見つけました!!!(久々の投稿が小ネタな感じですみません!)

 

 

以下の通りです。

 

手順1)SharePoint Designer 2013 を起動します。

手順2)該当するライブラリをクリックします。

手順3)カスタマイズにある「リスト列の編集」をクリックします。

20160914_03.png 


 

手順4)複数行テキストの列をダブルクリックします。

手順5)すると、以下の画面が出てきますので、

リッチテキスト>拡張リッチテキストに "チェック" を付けます。

20160914_04.png 


手順6)OKボタンをクリックし、最後に保存ボタンをクリックします。

 

 

 

これで、設定は完了です☆手順はとってもシンプルで簡単ですよね。

この小ネタさえマスターすれば、安心ですね(*'ω'*)!

 

 

では、また次回♪次回に備えて勉強します。 

 

◆勉強会の告知

9/16(金)19:00~ @日本マイクロソフト

「第2回 Japan Dynamics User Community 勉強会」

Office 365 × Dynamics CRM 連携で LT 登壇します!

http://dynamics.connpass.com/event/38691/

 

 

10/1(土)13:00~ @大阪

「Japan SharePoint Group 勉強会 #24」

SharePoint Online の新しいチームサイトで登壇します!

https://jpsps.doorkeeper.jp/events/51591

 

 

10/22(土)13:00~ @日本マイクロソフト

「CLR/H in Tokyo 第11回」

IT プロ・開発者向けに Office 365 ネタで登壇します!

http://clrh.connpass.com/event/39238/

 

 

 

 

 

 

8 24
SharePoint Online サイト 74 ~検索ページを作成してみよう!~

みなさん、こんにちは。第168回目の投稿です。

先週末はいろいろ遊びに行ってきましたよ(*'ω'*)

念願の "大妖怪展" に行ったり、シン・ゴジラを観てきたりしました☆

 

では、本日の投稿に入りましょう。

「SharePoint Online サイト 74 ~検索ページを作成してみよう!~」についてお伝えします。

 

今までずっとスルーしていた「SharePoint 検索」(ごめんなさい(。´・ω・)…)ですが、

最近お仕事でやってみる機会があったので、取り上げてみたいと思います。

とっても簡単なんですよ♪

 

 

アジェンダは以下の通りです。

1. 本日のシナリオ

2. 実際に検索ページを作成してみよう!

  1. 検索サイトを作成する

  2. 検索先を設定する(クエリ)

  3. 検索結果ページを作成する

  4. 検索ナビゲーションを設定する

3. まとめ

 

 

 

 

 

 

 

1. 本日のシナリオ

どんな検索ページを作成するのか?についてご紹介しますね。

本日の GOAL は以下の通りです。

-------------------------------------------

検索結果ページの絞り込みの項目を変更しよう!

-------------------------------------------
 


そもそも!

検索を行うと、既定の検索結果の画面に、

以下の(検索)絞り込みの項目が表示されるのですが、ご存知でしたか(*'ω'*)?

・すべて

・ひと

・会話

・このサイト

20160824_01.png 

各項目をクリックすると、絞り込みをした検索結果を見ることができます!!

例えば…

 ・すべてをクリックすると、サイト内のすべてを検索した結果を見ることができます。

 ・ひとを検索すると、ユーザー検索の結果を見ることができます。

 

 

このピンク色の枠部分を設定して、検索結果のページをちょっとだけカスタマイズしてみよう!というのが本日の内容です。

 

本日は、以下の2つの絞り込みの項目を設定してみたいと思います。

-------------------------------------------

・すべて(サイトコレクション内すべての検索)

・申請リスト(特定のリストだけの検索)

-------------------------------------------

 

 


 

念のため、本日の GOAL のイメージを載せておきますね。

20160824_02.png 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2. 実際に検索ページを作成してみよう!

なかなか判りにくいところがあるかもしれないので、 実際に作成してみましょう!

手順の概要は以下の通りです。

-------------------------------------------

1. 検索サイトを作成する

2. 検索先を設定する(クエリ)

3. 検索結果ページを作成する

4. 検索ナビゲーションを設定する

-------------------------------------------

 

 

 

 

 

2-1. 検索サイトを作成する

そもそも!検索サイトの説明は以下の通りです。

検索サイトを作成することで、検索先を設定することができます。

今回は、検索結果をカスタマイズするために、

検索先(すべて・申請リスト)の設定行うので、検索サイトを作成しますよ。

 

 

手順は以下の通りです。

手順1)サイトコンテンツからサブサイトを作成してください。

その際に「エンタープライズ検索センター」を選択してくださいね。

20160824_03.png 


完成)こんな感じで検索サイトが作成されますよ。

20160824_04.png 

 

 

 

 

 

 

2-2. 検索先を設定する(クエリ)

そもそも!検索先の説明については以下の通りです。

検索先を設定することで、どこを検索するのか?を設定することができます。

今回のシナリオですと、サイトコレクション内やリスト内などシンプルな検索になっていますが、

クエリを使うことで更に検索対象を絞り込むことが可能となります。

 

 

今回のシナリオだと、以下の2項目を検索できればよいので、2つの検索先を設定しますよ。

・すべて

・申請リスト

 

 

▼すべての場合

手順1)2-1で作成した検索サイト(サブサイト)から「サイトの設定>検索先>新しい検索」をクリックします。

手順2)以下の画面が出てきますので、以下の2つの操作を行ってください。

・検索先の名前を入力(名前は "すべて" にします。)

・クエリビルダーを起動します をクリック

20160824_05.png 

 

手順3)以下の画面が出てきますので、プロパティフィルターを設定します。

20160824_06.png 

 

手順4)プロパティフィルターを以下のように設定してください。

Path:次を含む:このサイトコレクション

手順5)最後にプロパティフィルターの追加をクリックし、OKボタンをクリックします。

 

 

 

▼申請リストの場合

手順1)すべての場合と同じです。

手順2)すべての場合と同じです。

手順3)すべての場合と同じです。

手順4)プロパティフィルターを以下のように設定してください。

Path:次を含む:手動で入力した値 [リストURLを入力してください]

手順5)すべての場合と同じです。

 

 

 

完成)2つの検索先を作成し終えると、検索先の一覧画面が以下のようになりますよ。

20160824_15.png 

 

 

 

 

 

 

 

2-3. 検索結果ページを作成する

そもそも!検索結果ページの説明は以下の通りです。

検索結果の画面は、検索サイトで利用できる「ページ」となっています。

ページを作成することでURLを取得できますので、後ほどの4章でお伝えする検索ナビゲーションの設定に役立ってきます。

 

検索結果の設定を行いましょう!

 

▼すべての場合

手順1)2-1で作成した検索サイト(サブサイト)から「サイトコンテンツ>ページ(ライブラリ)」をクリックします。

手順2)ウェルカムページを選択し、ページを作成します。(タイトルは "すべて" にします。URL名も入力してください。)

20160824_08.png 

 

 

手順3)作成し終えたら、先ほど作成したページをクリックし、「歯車>ページの編集」をクリックします。

手順4)「検索結果」パーツのプロパティの編集をクリックします。

手順5)すると、以下の画面が出てきますので、「クエリの変更」をクリックします。

20160824_09.png 

 

手順6)2-2の検索先で作成したクエリ(すべて)を選択します。

20160824_10.png 

手順7)最後にパーツ編集のOKボタンをクリックし、ページを発行してください。

 

 

 

▼申請リストの場合

手順1)すべての場合と同じです。

手順2)すべての場合と同じです。

手順3)すべての場合と同じです。

手順4)すべての場合と同じです。

手順5)すべての場合と同じです。

手順6)2-2の検索先で作成したクエリ(申請リスト)を選択します。

手順7)すべての場合と同じです。

 


完成)ページの作成(および設定)を終えると、こんな感じになりますよ。

20160824_11.png 

 

 

 

 

 

 

 

 

2-4. 検索ナビゲーションを設定する

そもそも!検索ナビゲーションの説明は以下の通りです。

検索ナビゲーションは、絞り込みの項目のことです。(今回のシナリオでは一番大切なところですね。)

トップレベルサイトでも本設定を行うことで、

トップレベルサイトから検索した場合の検索先&検索結果画面を変更することができます。

 

 

 

検索ナビゲーションの設定は、以下の2つのサイトで設定を行います。

・トップレベルサイト

  トップレベルサイトでも本設定を行うことで、

  トップレベルサイトから検索した場合の検索先&検索結果画面を変更することができます。

・2-1で作成した検索サイト

  検索結果ページ自体はこのサイトに保存されているので、ここでも検索ナビゲーションを設定しないといけません。

 

 

▼トップレベルサイトの場合

手順1)「サイトの設定>検索の設定」をクリックします。

手順2)以下の画面が出てきますので、"クエリの送信先にする検索結果ページ" を以下のように設定します。

「ユーザー設定の結果ページ URL にクエリを送信する」にチェックを入れ、

2-3で作成したすべての検索結果ページのURLを入力します。

20160824_12.png 

 

 

手順3)"検索ナビゲーションの構成" で、リンクの追加を行います。

20160824_13.png 

① 2-3で作成したすべての検索結果ページのURLを入力し、

「すべて」のナビゲーションを作成します。(例:sites/[サイト名]/[サイト名]/Pages/[ページ名].aspx)

② 2-3で作成した申請リストの検索結果ページのURLを入力し、

「申請リスト」のナビゲーションを作成します。(例:sites/[サイト名]/[サイト名]/Pages/[ページ名].aspx)

 

手順4)最後にOKボタンをクリックします。

 

 

 

▼2-1で作成したサブサイトの場合

※手順2は実施しないでください。(それ以外の手順はトップレベルサイトの場合と同じです。)

 

 

 

 

完成)こんな感じになりますよ。

トップレベルサイトの検索を行うと、以下の検索結果画面が表示されます。

20160824_14.png 

すべてをクリックすると、

2-2の検索先で設定した「すべて」(サイトコレクション内)を検索した結果を見ることができます。

申請リストをクリックすると、

2-2の検索先で設定した「申請リスト」(リスト内)を検索した結果を見ることができます。

 


 

検索結果ページがカスタマイズされていますね☆

 

 

 

 

 

 

 

3. まとめ

最後にまとめです!!まとめをノートに書いてみました。

20160824_1.jpg 

 

設定手順はとっても簡単ですね☆

高度な検索を実施したい場合は、検索先を設定(クエリを作成)するところがPOINT!になってくるかと思います。

んー(。´・ω・) クエリって難しそうですね。。

 

 

 

 

では、また次回♪次回に備えて勉強します。

◆本日の教材

・マイクロソフト「SharePoint 評価ガイド/自習書『検索機能活用ガイド』」

http://download.microsoft.com/download/A/F/B/AFB0C8F4-6AAA-44E8-A119-C755BA7831DA/SharePoint_Server_2013_Search_Guide_Final.pdf

 

 

8 15
SharePoint Online サイト 73 ~Excel でデータ更新したい場合はスプレッドシートのインポートリストを活用してみよう!~

みなさん、こんにちは。第167回目の投稿です。

この間、フットネイルに行ってきました☆

夏らしい感じになってとてもお気に入りです(*'ω'*)

 

 

では、本日の投稿に入りましょう。

本日は「 SharePoint Online サイト 73 ~Excel でデータ更新したい場合はスプレッドシートのインポートリストを活用してみよう!~」についてお伝えします。

 

アジェンダは以下の通りです。

1. リストの更新を簡単に行える方法はないの?

2. 同じリスト名で何度もインポートリストを活用することはできるの?

3. パスはどうなるの?(おまけ)

4. まとめ

 

まずはじめに☆

スプレッドシートのインポートリストについて概要を知りたい方は、過去の記事をチェックしてくださいね。

2015年2月16日「SharePoint Online サイト 26 ~スプレッドシートのインポート~」

 

 

 

 

 

1. リストの更新を簡単に行える方法はないの?

最近、お客様から "リストの更新を Excel で行いたい!" というご要望をよくいただきます。

SharePoint のリストは、Excel をインポート/エクスポートすることはできますが、双方向の更新を行うことができません(。´・ω・)

Access を利用すれば可能ではありますが、複数行テキスト列があると更新が上手くできないなどの制限事項があります。

※Access についてはまた今度お伝えしますね。

 

 

そのため、何度もリストをインポートする(作り直す)形でよければ、「スプレッドシートのインポート」リストの活用をおススメしますよ♪

活用方法は以下の通りです。

-------------------------------------
リストの更新時期になったので、Excel をインポートしたスプレッドシートのインポートリストを削除する

1と同じ名前で、スプレッドシートのインポートを作成する
-------------------------------------
 
ゴミ箱に同じ名前のリストがある状態で、
同じリスト名で

スプレッドシートのインポートを作成することができるのか?などの疑問点がありますよね。

POINT!は次章でお伝えしますね。

 

 

 

 

 

 

 

 

2. 同じリスト名で何度もインポートリストを作成することはできるの?

Excel によるインポートを毎回行い(リストを作り直して)リストの更新を行うと、

リスト名を "同じ名前" にできることが重要な POINT!になってきますよね。

 

 

回答は以下の通りです。

リストを削除すれば、同じ名前でリストを作成することができますよ。

 

 

もう少し詳しい解説は以下の通りです。

-------------------------------------------------------
まずは、以下でスプレッドシートのインポートリストを作成します。

リスト名:管理リスト(サンプル)

 

すると、以下のように、Excel データがインポートされ、リストが作成されます。

20160815_01.png 


リストの更新時期になりましたので、上記のリストを削除し、(ゴミ箱にある状態で)リストを再作成します。

リスト名:管理リスト(サンプル)

 

すると、同じように Excel データがインポートされ、リストが作成されます。
-------------------------------------------------------

 

 

 

 

 

 

 

 

3. パスはどうなるの?(おまけ)


回答は以下の通りです。

パスは、通常のリスト(カスタムリストなど)と同じルールですよ。

 

▼英語の場合

リスト作成時(Excel インポート時)にリスト名を英語で付ければ(その後は日本語にリスト名を変更してくださいね。)、

リスト削除後も同じパスを使いつづけられるので便利ですよ。

 

 

▼日本語の場合

日本語でリストを作成すると、作成された順にリストパスが振られていきます。

ですので、一度リストを削除して再作成すると同じパスが振られます。(※他にもリストが作成されていない場合です。)

 

もう少し詳しい解説は以下の通りです。
----------------------------------------------------------
サイトコンテンツに日本語で作成したリストがない状態だと、作成時の以下のパスが振られます。

/Lists/List

 

リスト(パスが Lists/List)を削除して、スプレッドシートのインポートリストを再作成すると、同じパスがまた振られます。

/Lists/List

 

ただ、誰かがリストを(割り込みで)作成すると、パスが奪われてしまうので注意してください。
----------------------------------------------------------


例としてこんな感じになりますよ。

20160815_02.png 

リストを作成するユーザーが他にいなければ(割り込みされる心配がなければ)、

削除前のリストと同じパスになりますよ。

 

ただ、他のリスト(カスタムリスト)にも上記のルールが適用されるので、

リスト名は英語で付けたほうがいろいろと便利ですね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

4. まとめ

まとめをノートに書いてみました。

20160815_1.jpg
 


 

今回お伝えした内容は、以下の場合に有効的かと思います。

*Excel で情報を管理していて、定期的に SharePoint で情報共有したい

*1件ずつデータを検索できるようにしたい

*データ量と列が多いので Excel のインポートを利用し、リストを更新したい

 

 

 

リストを削除するのが少々手間ではありますが、

今回のシナリオが、スプレッドシートのインポートリストを更に活用していただくきっかけになれば嬉しいです(*'ω'*)!


 では、また次回♪次回に備えて勉強します。

 

 

 

 

 

1 - 10Next

 

Microsoft® Most Valuable Professional
2016.01 Office Servers and Services